美肌

先日放送された番組に対する当店の見解

先日”お顔そりはあまりしない方が良い”とテレビで放送された件に関して当店の見解を述べたいと思います。
結論から言うとお顔そりは定期的におこなった方が良い!ということになるのですが、具体的に説明すると・・・

まず美肌菌とは皮膚には常に常在菌が存在し、その中には肌に良い”善玉菌”や肌トラブルの原因になる”悪玉菌”
その時の肌の状態によりどちらにもなる”日和見菌”が存在します。この肌の常在菌中の善玉菌の”表皮ブドウ球菌”のことを通称”美肌菌”といい、
肌表面の皮脂などを食べ、肌の潤い成分の”グリセリン”を生みだします。

では本題の「お顔そりをする事で美肌菌も一緒にそぎ落とされる」と指摘されている点についてですが、
確かにお顔そりをすると美肌菌をはじめ悪玉菌などの菌も一緒に落としてしまうのですが、お顔そりで皮膚の代謝を促しておくことで要らない角質を取り肌本来の状態で美肌菌を増やしていくことの方がはるかに効果的だと考えます。
想像してみてください本来は自然に剥がれるべき要らなくなったガサガサの角質の表面で美肌菌が一生懸命にグリセリンを生みだしているより、お顔そり後のツヤツヤの素肌の表面で美肌菌に働いてもらった方がどれだけ肌に効果的か!それは当店にご来店頂いているたくさんのお客様の肌を見れば一目瞭然です。
ちなみにこの美肌菌は顔だけではなく肌全体に存在するのでお顔を剃って減ってしまっても約12時間くらいで元に戻るそうです。ぜひ安心してお顔剃り施術を受けてくださいね。

では、美肌菌に良いことと悪いことは何でしょうか?
まず、良いことは何でしょうか?美肌菌は汗に含まれる皮脂を好みますので運動を行い汗をかくことで美肌菌を増やすことが出来ます。またバランスの良い食事、良質な睡眠など身体の健康を維持するためのに良いことを行うことが美肌を保つためにも重要です。
では逆に悪い事とは何でしょうか?
実は毎日のスキンケアにあります。美肌菌は字のごとく”菌”ですから毎日、過度な洗顔や界面活性剤の洗い残し、アルコールが含まれる化粧水をはじめとする化粧品の使用などにより菌は減っていってしまいます。また紫外線も菌を殺してしまいますの外出の際には紫外線対策を、またストレスや血行不良も菌が元気をなくしてしまいます。

以上が当店の考える見解ですので安心して月に1回のお顔そりを行って下さいね、いつまでもきれいな肌でウキウキな毎日を!
最後までお読みいただきありがとうございました。
ただ・・・前回もご説明した通り、ご自分で剃ったり美容室で行うソフトシェービングは上記の記事の内容とは違いますので注意してください。
お顔そりは国家資格を持った理容師だけが行うことので来る技術ですからね。

そして、ここからは当店のお顔そりについてです。
当店のお顔そりでは
お顔そり後になるべく早く美肌菌を増やすためにクレンジングについては水(ぬるまゆ湯)でも乳化できる粒子の細かいオイルを使用してクレンジング後、お顔そりでは界面活性剤を使用する泡ではなく界面活性剤を使用していないクリームを使用してお顔そりをおこない、お顔剃り後のお仕上げではアルコールや防腐剤などを使用しない化粧品を使用、日焼け止めも美容液成分で出来ているお湯だけでで流せる日焼け止めを使用しています。
このことにより当店のお顔そりでは美肌菌がスムーズに増えていくことが期待できます。
もともとこの施術方法は美肌菌を増やすために考えたものではなく色々な試行錯誤を続け、この施術方法に至っているのですが、
当店ではこれからも技術の向上はもちろんお肌や化粧品に対する知識を深め、また試行錯誤を続けお客様の美肌作りのサポートを行ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です