本文へスキップ

カラーアレルギーのテストにご協力くださいHEADLINE



 
さて今回は、
お客様にヘアカラーアレルギーへのご理解と
アレルギーテルト(パッチテスト)のお願いですm(_ _)m
私は昨年、EBAという理美容師さんの
ヘアカラーによるカブレなどのサポートをしてくださる団体の講習を受けて
アレルギーの勉強をしていました


そして
今年に入ってからも勉強をしてスタッフとも話し合い
今後、徐々にアレルギーテストを今まで以上にすすめていくことにいたしました。

 
ヘアカラーアレルギー??って
花粉症と同じで、
 自分の体内に持つコップから水があふれると」ってよく言われますが
自分の許容量をを超えると誰にでも起こりうることなんです。
「私は今までなんともないから」
とか
「自分はアレルギー体質ではないから」
と思っていても
次回カラーしたときにアレルギー症状が出る可能性が誰にでもあります
私はすでになってしまっています
なので今後も末永くカラーを続けていくために
アレルギーテスト等にご協力下さいm(_ _)m
 
アレルギーテストの方法は 
腕の内側に使用するカラー剤を塗って
30分後
24時間後
48時間後の様子を見て
赤くなってたり、痒みがあったりを見ます
かなりめんどくさい方法ですが
なるべくアレルギーによる
重篤な症状を出さないためです
 
 
当店では今までも
 頭皮に優しく
アレルゲン(アレルギーの元になる物質)の少ない
薬剤を使用していて
そのようなことがあったことはないのですが・・・
 
特に
長年カラーを続けている方
若いころからカラーをされている方
 もちろん!ホームカラーをされたことがある方
 アレルギー体質の方など・・・
 カラーに触れる機会が多い方ほど危険が増します
 
詳しくはスタッフにお尋ねくださいね
 
 
なお、ご新規のお客様、
病気、産後のお客様
初めてカラーをされるお客様に関しましては
 アレルギー検査を受けて頂かない場合
 施術できませんので宜しくお願い致します。


詳しくは当店スタッフまで


 アレルギーは先ほどの通り
染めている回数や染めている面積、使っているカラー剤の強さ、頭皮の傷など
色々な原因がありますし、誰にでも起こりうるのですが

その原因の一つに頭皮の乾燥があります。
そのため今回
当店では頭皮に潤いを与えながらカラーができるカラー剤を導入いたしました


そして何より
カラー剤が頭皮に付着しなければアレルギーになりにくいということから
頭皮を避けて
根元ギリギリからカラー剤を塗るための技術を勉強し
道具もそろえておこなってまいります


ヘアスタイル、デザイン、ライフスタイル
白髪の割合、部位など・・・
お客様に合わせた施術を行ってまい�ります
詳しくはスタッフにお尋ねください


・・・もし

もしも

アレルギー症状になってしまった場合にも
当店ではアレルギー物質を含まないカラー剤を用意しておりますので
安心して当店とお付き合いください。


なお、お客様はもちろんですが当店スタッフにもアレルギーを起こさないように
施術してまいりますので
カラー時のシャンプーやカラーの準備などの時手袋を使用させて頂きます。
お客様のご協力、ご理解のほど宜しくお願い致します。

いつまでもカラーを楽しんで頂けるよう、今後も勉強してまいりますので
お客様のご理解とご協力を宜しくお願い致します

Move Hair 緑川健司
いつまでもヘアカラーを楽しむために